*

【第13回】英国イングリッシュガーデンの旅 デイビッド・オースチン・ローズガーデン

150817dav03

今回のガーデンツアー最後のガーデンは イングリッシュローズの名前を世の中に広めた園芸家デイビッド・オースチン氏のナーセリー。お庭はバラの香りに包まれていました。

旅行期間 2014/6/22~6/28  旅行会社ワールドブリッジ 催行人数25人

大きなイングリッシュローズの専門店

コッツウォルズ ローズマナーホテルを朝出発し北西に約2時間弱走った街道からも少し入る不便そうな場所で園芸センターといった雰囲気。販売をするところなので入場料はいりません。

150817dav01

綺麗なゲストハウスといった雰囲気の場所を通り抜け まずはこじんまりしたレストハウスから日本の支店でも働いているという女性に園内を日本での一番人気の種類やバラの栽培方法なども交え説明してもらいました。

150817dav11

そのあとは自由行動になりました。今回の旅の中で一番準備の薄いバラの園芸店だった事もあり この花が好きとか香りがいいなど 軽い感覚で回りました。バラの栽培が好きな方なら品種名など興味深く見て歩いたのではと思います。

 

園内はテーマ別

基本は品種改良したイングリッシュローズ。香りの高い品種や大輪の芍薬の様な花がいっぱい。

150817dav07 

この↓オレンジのバラが日本店で一番人気だったはず(汗)

 150817dav02 150817dav17  

でもここで目を引いたのはやはりつるばら。

150817dav09 150817dav08

このガーデンのつるバラは本当に見応え十分。きれいなアーチのトンネル、ボールやバーゴラ、壁面に植えられて広い庭があったらこんなバラを植えてみたい!と憧れて観てあるきました。

150817dav15

150817dav10

150817dav16 150817dav05

 

レンガの壁につるバラってほんと素敵です。いくつか気に入った品種のひとつ↓ ピルグリム。この花は中輪の房咲きで写真では色がわかりにくいのですが 薄いレモンイエローの花で香りもあります。なんとも優しい花色です。

150817dav06

私はフラワーアレンジを教えているのですが、そのせいか固体の主張が強すぎる花より、こういった優しいほかの花と合わせやすい色味が好きです。もちろん、一輪でインパクトのある花も「綺麗~!」と思うのですが・・・。

なんといってもここで美しかったのは つるバラのトンネル。

150817dav14

香りもいっぱいなバラの園です

園内で写真撮影をしていたのですが どうもオーナーのデイビッド・オースチン氏と著名な園芸家だったようです。

150817dav04

そのあと先ほどのレストハウスでランチ。キッシュとサラダ デザートにもお花が飾られておしゃれなランチでした。

150817dav12

150817dav13

 食事の後は入り口にあったショップで買い物をしました。食事で使われていた食器や紙ナプキン、他にもバラの小物もあってお土産にいくつか買ってきました。外のショップではバラの苗やその他の草物の苗も売っていました。

今回のツアーではここまでが所定のコースでした。この後、一路ロンドンに向って高速を走り夕方にはロンドンに到着しました。

翌日は1日自由行動で、ハンプトン・コート・パレスやウィズリー・ガーデンをめぐる オプショナルツアーに行かれた方もいらっしゃいますが、私達はロンドンで大英博物館などを観てあるきました。

このオプショナルツアーに行かれた方のブログを見ると、今まで観てきたガーデンよりさらに大きなガーデンだった様子、簡単に行けるものではないので今になると行っておけば良かったかなと思います。

ガーデンツアー

今回周ったガーデンはどこも簡単に行けるとは思えない場所ばかり、駅などからも離れていて奥まった場所にありました。私も初めは生徒さんだけでグループを作って行こうと計画を立てたのですが、途中でツアーに混ざる事にしました。でもそれが正解だったと思っています。英語が堪能だったとしてもかなり場所が不便なところなので大変だったと思います。

憧れのイングリッシュガーデンを本当に堪能できた旅行でした。ローズマナー・ホテルでの部屋割りについては少し問題があると思いますが、そこはツアー会社とホテル間でもう少し改善してもらえたら問題にはならないとおもいました。

150619barns10

個人庭園や バーンズリー・ハウスでの食事など 個人ではなかなか難しい見学もできて思い出に残る旅行になりました。 おわり

 イングリッシュガーデンの旅 

【第1回】イングリッシュガーデンの旅 シシングハースト城庭園

【第2回】モティスフォント・アビー・ガーデン

【第3回】宿泊地ウインチェスター

【第4回】美しい村バイブリー

【第5回】手入れの行き届いた バーンズリーハウス

【第6回】個人庭園見学

【第7回】ローズマナーホテル

【第8回】ヒドコット・マナー

【第9回】キフツゲート・コート 1

【第10回】キフツゲート・コート 2

【第11回】おとぎの国チッピングカムデン

【第12回】宿泊地 北コッツウォルズ

【第13回】デイビッドオースチン・ローズガーデン

 



関連記事

SN3R0187

あじさいを使ったアレンジ2 梅雨ならではのあじさいをテーブルアレンジに

お庭のあじさいをおしゃれで簡単なテーブルアレンジに!  季節の庭のお花とワイングラスで素敵なテ

記事を読む

160701flowa01cc

映画【フラワーショウ!】 英国チェルシー・フラワーショーが舞台の実話

世界的にも有名なイギリスで行われるガーデニングの世界大会、『チェルシー・フラワーショー』ガーデニング

記事を読む

180604rua66

【ルーツをたどる旅】津・松阪・伊勢 行ってきました 2

 名前のルーツをたどった旅の2。津市の伊勢平氏発祥の地からスタートし、中出の地名を探した後

記事を読む

150816upp01a

【第12回】英国イングリッシュガーデンの旅 宿泊地 北コッツウォルズ

今回のツアーでは北コッツウォルズのアッパースローター村にあるローズ・マナー・ホテル(第7回でご紹介)

記事を読む

150526花菜ガーデン1

5月26日花菜ガーデン行ってきました!バラ開花時期2度目です!

チョコです! 今年のバラのシーズン2度目の来訪です! じつは今回が元々計画していた日なんです。1

記事を読む

020510ea74a

【ネットでお庭散策】第1回イギリスの庭の薔薇

外出自粛で家にいなくてはいけない毎日。少しでも爽やかな気分になれたらと2014年6月にイギリスの庭を

記事を読む

CA370069

【刺繍】ヨーロッパ風のオリジナル風景、途中で中断している作品を完成させなきゃ!

 私の趣味の一つは刺繍ですがフランス刺繍を土台にした創作です。図柄も創作。どこかで観た景色

記事を読む

150710kift04

【第9回】英国イングリッシュガーデンの旅 キフツゲート・コート・ガーデン1

憧れの庭、キフツゲート・コート・ガーデン。日本でもテレビで紹介されガーデン好きなら一度は行ってみたい

記事を読む

211031haka61a

【箱根美術館】紅葉には少し早かったけど素敵でした!

お庭が有名な強羅の【箱根美術館】行ってきました。お庭も紅葉も綺麗で有名なスポットだという事を最近知

記事を読む

150425hakoner01

新緑の箱根離宮に泊まってみた

箱根離宮に泊まってきました。 予約がなかなか取れなくて半ばあきらめていたら、一週間前に入ってキャ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

220529suia95a
【水彩画教室作品展】会場の花装飾します!6月14日~6月20日

今年も友人の【水彩画教室作品展】にお花の装飾をします。今回は6月14日

180607mata73
自主練習週間を有意義なものにするために!

今週から3週間ピノは自主練習が続きます。先生にご指導いただいた事、ご指

220322pmsa86a
【Mozartミサ曲ハ短調補筆完成版】子音をしっかり出して、合唱の存在をアピール!

オケ合わせまで後3回の練習となったPMS。いつもと違う曜日だった今週は

20220424kaia98a
林が宅地に造成される様子(その6)宅地境界や階段の造成

林が宅地に変わっていく様子を記録していますが、4月中は動きがあったもの

180607mata15
テンポの揺らぎを合わせて、美しい流れを作るって難しい

今週のピノも先生練習。先週ご指導いただいた事をしっかり再現したい!そん

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑