*

【第13回】英国イングリッシュガーデンの旅 デイビッド・オースチン・ローズガーデン

150817dav03

今回のガーデンツアー最後のガーデンは イングリッシュローズの名前を世の中に広めた園芸家デイビッド・オースチン氏のナーセリー。お庭はバラの香りに包まれていました。

旅行期間 2014/6/22~6/28  旅行会社ワールドブリッジ 催行人数25人

大きなイングリッシュローズの専門店

コッツウォルズ ローズマナーホテルを朝出発し北西に約2時間弱走った街道からも少し入る不便そうな場所で園芸センターといった雰囲気。販売をするところなので入場料はいりません。

150817dav01

綺麗なゲストハウスといった雰囲気の場所を通り抜け まずはこじんまりしたレストハウスから日本の支店でも働いているという女性に園内を日本での一番人気の種類やバラの栽培方法なども交え説明してもらいました。

150817dav11

そのあとは自由行動になりました。今回の旅の中で一番準備の薄いバラの園芸店だった事もあり この花が好きとか香りがいいなど 軽い感覚で回りました。バラの栽培が好きな方なら品種名など興味深く見て歩いたのではと思います。

 

園内はテーマ別

基本は品種改良したイングリッシュローズ。香りの高い品種や大輪の芍薬の様な花がいっぱい。

150817dav07 

この↓オレンジのバラが日本店で一番人気だったはず(汗)

 150817dav02 150817dav17  

でもここで目を引いたのはやはりつるばら。

150817dav09 150817dav08

このガーデンのつるバラは本当に見応え十分。きれいなアーチのトンネル、ボールやバーゴラ、壁面に植えられて広い庭があったらこんなバラを植えてみたい!と憧れて観てあるきました。

150817dav15

150817dav10

150817dav16 150817dav05

 

レンガの壁につるバラってほんと素敵です。いくつか気に入った品種のひとつ↓ ピルグリム。この花は中輪の房咲きで写真では色がわかりにくいのですが 薄いレモンイエローの花で香りもあります。なんとも優しい花色です。

150817dav06

私はフラワーアレンジを教えているのですが、そのせいか固体の主張が強すぎる花より、こういった優しいほかの花と合わせやすい色味が好きです。もちろん、一輪でインパクトのある花も「綺麗~!」と思うのですが・・・。

なんといってもここで美しかったのは つるバラのトンネル。

150817dav14

香りもいっぱいなバラの園です

園内で写真撮影をしていたのですが どうもオーナーのデイビッド・オースチン氏と著名な園芸家だったようです。

150817dav04

そのあと先ほどのレストハウスでランチ。キッシュとサラダ デザートにもお花が飾られておしゃれなランチでした。

150817dav12

150817dav13

 食事の後は入り口にあったショップで買い物をしました。食事で使われていた食器や紙ナプキン、他にもバラの小物もあってお土産にいくつか買ってきました。外のショップではバラの苗やその他の草物の苗も売っていました。

今回のツアーではここまでが所定のコースでした。この後、一路ロンドンに向って高速を走り夕方にはロンドンに到着しました。

翌日は1日自由行動で、ハンプトン・コート・パレスやウィズリー・ガーデンをめぐる オプショナルツアーに行かれた方もいらっしゃいますが、私達はロンドンで大英博物館などを観てあるきました。

このオプショナルツアーに行かれた方のブログを見ると、今まで観てきたガーデンよりさらに大きなガーデンだった様子、簡単に行けるものではないので今になると行っておけば良かったかなと思います。

ガーデンツアー

今回周ったガーデンはどこも簡単に行けるとは思えない場所ばかり、駅などからも離れていて奥まった場所にありました。私も初めは生徒さんだけでグループを作って行こうと計画を立てたのですが、途中でツアーに混ざる事にしました。でもそれが正解だったと思っています。英語が堪能だったとしてもかなり場所が不便なところなので大変だったと思います。

憧れのイングリッシュガーデンを本当に堪能できた旅行でした。ローズマナー・ホテルでの部屋割りについては少し問題があると思いますが、そこはツアー会社とホテル間でもう少し改善してもらえたら問題にはならないとおもいました。

150619barns10

個人庭園や バーンズリー・ハウスでの食事など 個人ではなかなか難しい見学もできて思い出に残る旅行になりました。 おわり

 イングリッシュガーデンの旅 

【第1回】イングリッシュガーデンの旅 シシングハースト城庭園

【第2回】モティスフォント・アビー・ガーデン

【第3回】宿泊地ウインチェスター

【第4回】美しい村バイブリー

【第5回】手入れの行き届いた バーンズリーハウス

【第6回】個人庭園見学

【第7回】ローズマナーホテル

【第8回】ヒドコット・マナー

【第9回】キフツゲート・コート 1

【第10回】キフツゲート・コート 2

【第11回】おとぎの国チッピングカムデン

【第12回】宿泊地 北コッツウォルズ

【第13回】デイビッドオースチン・ローズガーデン

 



関連記事

150914grap08

グリーンカーテンの山ぶどうでジャム作ってみた

今年のグリーンカーテンは山ぶどうがいっぱい実りました。  ※山ぶどうの2015年成長日誌はこち

記事を読む

シシングハースト城庭園 塔からの眺め

【第1回】イングリッシュガーデンの旅 シシングハースト城庭園 

2014年6月にお花の生徒さんと英国の本場イングリッシュガーデンを観て来ました。詳しくご紹介する機会

記事を読む

151002air01a

海外でスマホを使う方法を調べてみた

去年イギリスに行くのにスマホの使い方(料金含む)を調べたのに、忘れてしまって今回フランスで使うのにま

記事を読む

150613sonna1

フラワーアレンジの参考になる 本! フラワーアレンジメント デザイン図鑑

 フラワーアレンジを教えるという仕事柄レッスンの新しいデザインの参考に フラワーアレンジの

記事を読む

180714bota91

【カイズカイブキ】墓地の生垣の剪定をしてきました!

今年も夏のお墓掃除がやってきました! 実は去年はお墓掃除で熱中症になってしまいました。少しスタートが

記事を読む

150803tip01

【第11回】英国イングリシュガーデンの旅 おとぎの国の村チッピングカムデン

コッツウオルズの観光名所に茅葺屋根の町並みチッピングカムデンとローマ時代から栄えていた羊毛の街ボート

記事を読む

150622hi07a

【第6回】英国イングリッシュガーデンの旅   個人のお庭を見学

バイブリーのハーンズリーハウスから2時間弱の場所にヒックス氏のお庭がありました。2009年?に『趣味

記事を読む

160117enga03

世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々展

昨日1月16日から 汐留ミュージアムで英国王立植物園所蔵のボタニカルアートなどの展覧会が始まったそう

記事を読む

171119imoa02

【紫芋】家庭菜園でできた紫色のサツマイモでご飯を炊いたらすごい色になりました!

いただいた紫芋の苗でできたお芋はとても立派です。 外側からだと普通のサツマイモと違いはありませ

記事を読む

160408oda10

【小田原城】桜が満開でした!江戸時代各地の築城に影響したお城だったんですね

4月8日、箱根に行く前に小田原城に行ってみようという事になりました。きっと桜にも間に合うはずと向かい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

190430heia03b
曲を作っていくために体を動かして歌おう!

コンクール直前の練習となった今週のピノ。あれよあれよという間に今日

190512haa01
【ハイドン四季】2回もお休みして16bは落ちこぼれ・・・

風邪で私は2回お休みしてしまったPMSの練習にすっかり浦島太郎の気分で

190812naga91a
鎌倉の夏の楽しみは【納言】の宇治金時!

鎌倉駅前小町通りの路地を入ったところにもう何十年も前から同じたたずまい

180607mata73
コンクールまで残り2回しかありません!・・・

合唱コンクールまで残り2回となった練習日は自主練習でした。とにかく少し

190807afoa30b
【アフォガード】スーパーカップと猿田彦のコーヒーベースでお手軽絶品スイーツに!

この夏の大人なスイーツに【アフォガード】はいかがですか!アイスクリーム

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑