*

【ネットでお庭散策】第1回イギリスの庭の薔薇

公開日: : 最終更新日:2022/05/02 イングリッシュガーデン, 園芸 , ,

020510ea74a

外出自粛で家にいなくてはいけない毎日。少しでも爽やかな気分になれたらと2014年6月イギリスの庭を巡った時の写真を再編集してみました。

沢山撮影してきた写真も、ブログにのせるために没にしたものや、アップにして観た方が美しいものがあります。視点を少し変えてご紹介していきます。

第一回は本場イギリスの庭での【バラ】に焦点を当てます。

イングリッシュローズのDAVID AUSTIN ROSES

【イングリッシュローズ】の育苗家でイギリスでも有名な【デビッド・オースチン氏】のガーデンセンターからご紹介。

200510eda01a

 

バラの中でもイングリッシュローズと呼べるのはこのオースチン氏の作ったモダンローズオールドローズを掛け合わせたものだけ。ハイブリッド・ティーとは違った香りと花弁の多さが特徴です。

ここのお庭は、お花の見本としてのローズガーデンに作られているのですが、とにかくパーゴラが綺麗!

200510ea00a

200510ea03a

 

 たっぷりとした房咲きの花や大きな花があふれるようにトンネルを作っています。

お庭にパーゴラはバラの庭の憧れ。

こんな庭の入り口があったら素敵ですね!

200510ea25a

こういった仕立て方でこれだけの規模のものは日本ではなかなか見られません。

下のパーゴラは生育途中な感じですが、奥までずっとバラが続いています。

200510ea94b

 アップで

200510ea94c

 

とにかく、バラの香りであふれていました。

200510ea02a

ちょうど、写真撮影中だった、園芸家の方とオースチン氏

200510ea75a

 

 

石やレンガの壁につるバラが似合う

イングリッシュガーデンの古いタイプの大規模な庭ではレンガなどを使って庭を仕切っているところが多く見うけられます。

その仕切りの壁を使った【つるバラ】が目をひきます。

広い敷地の中に秘密の花園のように作られている【モティスフォント・アビー・ガーデン】

200510ema26a

 

【ローズマナーホテル】の壁

200510era07a

 

 

【バーンズリー・ハウス(ホテル)】の庭の仕切り壁

ここは造園で有名だったローズマリー・ベレー氏の私邸で、色数を控えたすっきりとしたお庭らしい、白のバラ。

200510eba39a

 コッツウォルズの【キフツゲート・コート・ガーデン】でも、これとにた白いバラが壁を飾っていました。ちなみに有名なキフツゲートローズはもっと野性味あふれるバラです。こちらでご紹介。

こういった古いガーデンでは白い一重のバラが多く使われていたというのが印象に残っています。

新しく改良されたバラで、私のお気に入りはこの【デビッド・オースチン】のガーデンのつるバラ

200510ea83a

 

優しいイエローで、他の花と上手に共存してくれる色味です。品種はザ・ピルグリム

200510ea82a

 

庭のメインとしてバラを選んでいるガーデンと、その他の草花をメインにしているかで、配置や色味の選択が違っています。

そういう意味では、イギリスの古い時代の庭ではバラは素材として他の植物と一緒でも大丈夫な種類が選ばれているのではないでしょうか。バラとその他の草花では手入れの手間のかかり方が違うという事だと思います。バラを多く植えたい場合はバラを中心に考えた植え方が必要なんですよね。

モティスフォント・アビー・ガーデンでもバラは入口近くにローズガーデンとして独立したスタイルで植えられていました。

200510ema43a

奥のオールドスタイルのガーデンでは見られない、パステル調でまとめられています。

200510ema43b

ご紹介したそれぞれのガーデンをこちらに書いています。

【英国イングリッシュガーデンの旅】 モティスフォント・アビー・ガーデン

【英国イングリッシュガーデンの旅】 バーンズリー・ハウス

【英国イングリッシュガーデンの旅】キフツゲート・コート・ガーデン1

【英国イングリッシュガーデンの旅】 デビッド・オースチン ガーデンセンター

 

【ネットでお庭散策】第1回 イギリスの薔薇の庭

【ネットでお庭散策】第2回 イギリスのボーダーガーデン

【ネットでお庭散策】第3回 イギリスの色分けした庭

【ネットでお庭散策】第4回 イギリスの別世界をつくる庭

【ネットでお庭散策】第5回 イギリスの坪庭

 

 

関連記事

【パンジー】種から育ててみました!4ヶ月掛かってやっと開花

晩秋から初夏まで咲き続けるパンジーは庭の優れものです。毎年、11月末にパンジー苗を買ってきて植え込む

記事を読む

薔薇の季節になりました!美しさと香りに癒されます!

バラの季節になりました!我が家は庭も狭いので沢山はありませんが、数年前に生協のカタログで買ったこの

記事を読む

【第11回】英国イングリシュガーデンの旅 おとぎの国の村チッピングカムデン

コッツウオルズの観光名所に茅葺屋根の町並みチッピングカムデンとローマ時代から栄えていた羊毛の街ボート

記事を読む

イングリッシュ・ガーデンのツアー案内が届いて口コミが気になった事を思い出しました

2014年に英国のガーデンを巡るツアーに参加したのですが、同じツアー会社ワールドブリッジから2016

記事を読む

【ヒヤシンス】春花壇に植えっぱなしにできて最適です!

10日前にはつぼみも見えなかったのですが、白のヒヤシンスがあっという間に満開になりました!我が家は

記事を読む

映画【フラワーショウ!】 英国チェルシー・フラワーショーが舞台の実話

世界的にも有名なイギリスで行われるガーデニングの世界大会、『チェルシー・フラワーショー』ガーデニング

記事を読む

【クレマチス釣鐘型】種を蒔いて実生からで咲きました!可愛いです!

 3年前に知人からいただいたクレマチスの種。その種を蒔いて今年やっと咲きました! いただい

記事を読む

【お墓掃除】年間計画の練り直しが必要ですね!

お墓掃除のタイミングは結構難しくて、お墓の状態を考えたら、もっと後の落ち葉が落ち切った頃に行きたいと

記事を読む

【ネットでお庭散策】第5回 坪庭として使えるイングリッシュガーデンの素敵な例

  イングリッシュガーデンと言っても、大きなお庭ばかりではありません。大きなお庭

記事を読む

【5月の庭】今年はクレマチスとバラの新顔が綺麗です!

バラとクレマチスが咲いて、庭が華やかな季節になりました。今年一番目を引くのが、この藤色のクレマチス。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

横浜ベイホテル東急にお泊りしてきました!

打ち上げと送別会を兼ねた女子会で横浜ベイホテル東急にお泊りし

コーラルフェスト楽しく歌って!はなむけのブラボー賞!

アンサンブル・ピノはヨコハマコーラルフェスト1日目Bブロック

コーラルフェストに向けて!

しばらくこちらを書けていませんでしたが、8日先生練習、15日

息を使う!!

今週のピノも先生練習をしていただきました。 そして、先

一緒に息を吸って!息を揃えて!

先々週のピノの自主練習はPMS演奏会の直前だったので体調調整

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑