*

ヴェルサイユ宮殿の迷走記3(プチトリアノン編)

公開日: : 最終更新日:2017/06/08 お出かけ, 旅行, 美術館 , , ,

151106vera24

ヴェルサイユ宮殿を自力で観光した迷走記3回目。宮殿前の庭園に出て散策しながら約1時間。プチトリアノン前に着いたのは12時をまわった頃。大運河からは10分程度でした。

宮殿前のベンチでさっき買っておいたサンドイッチで昼食。

食べている間にプチトランが来て乗客を降ろし走っていきました。この発車時間が12時20分、停留所のプレートを見ると20分間隔と書いてあります。なので13時20分のプチトランに乗れるようにしようと、庭園見学を1時間と予定してプチトリアノンに入場しました。

151106vera36

ピンクの●がプチトリアノンでピンクのラインは歩いたコース 緑のラインはプチトランの通ったコースです。

1511vera02

まずは宮殿

こじんまりとした雰囲気。お部屋の天井もあまり高くなく落ち着く空間です。マリーアントワネットもこの空気感にほっとした時間を過ごしたのだろうと実感しました。

151106vera21

151106vera22

お庭に出ると道がくねくねと曲がってなんとも楽しい散策路です。途中に大きな構造物がなければほんとうに近郊の野山を歩いているような気分になります。

151106vera26

王妃の村里

王妃の村里は日本の里山公園のフランス版。テーマパークの建物の様なちょっと現実味の薄いでもかわいい建物が池の周りに点在しています。

151106vera27

151106vera30

151106vera28

アーティチョークの畑のある農家。(じつは右側にトイレ)

151106vera32

コケコッコーと鳴き続ける鶏とウサギ。

151106vera33

未のいる牧場とブドウ畑。

151106vera34

洞窟のような岩屋も見えています、これも作ったのでしょうか。

151106vera35

 

帰りはプチトラン

最後は少し急ぎ足で入り口に戻ると 13時20分前でしたが乗り場には行列ができていました。

20人近く並んでいて乗れないかもしれないと覚悟しながらプチトランが来るのを待ちました。遅れているようで20分にはまだ隣のグラントリアノンにいるのが見えます。

さて、到着したプチトランで数人の人が降り、空いている席に順に座っていきます。ここで2つ前のカップルの男性が乗車券を持っているのに見当たらずもたもた探していたら横に外され、次の人から乗車!幸運にも私達も乗れたのです。

乗車券は持っていなかったので「チケット2枚」と言うと一人4ユーロ。宮殿前から乗ると確か6、5ユーロだったはずなので、乗り降り自由とは言えプチトリアノンからだと少し安いのだと分かりました。

151106vera38

走り出してすぐに雨も降り出しラッキーな私達!もう一度大運河前(13時36分)に行きトラムに乗ったまま見学し13時50分頃宮殿前に戻ってきました。

151106vera39

このプチトリアノンで、たまたま現地の遠足風な子供達の集団と一緒になったのですが、お庭の中でもあちこちで合い 私達はプチトランに乗って戻ったのですが、宮殿の少し手前で子供達の歩いている横を通りすぎました。掛かる時間はトラムも徒歩もほぼ同じって事です。

10時に宮殿入場、11時に宮殿から庭園に出て歩き出し、11時50分大運河。12時05分頃プチトリアノン到着。休憩。

12時20分プチトリアノンに入場し、13時17分退出。30分頃トラムで出発し13時50分に宮殿前に戻ってきました。

見学に掛かった時間は10時から14時までの4時間、特急ツアー並みだったかもしれませんが、自分の観たいところはほぼ観ることができ、広大な庭を体感する事もできました。

この後、バスと地下鉄を乗り継ぎルーブル美術館に向かいました。

※ヴェルサイユ・トイレプチ情報※ お庭(迷路)のトイレやプチトリアノン村里のトイレは広々(部屋は3つ程度ですが)していてそこそこ綺麗でした。宮殿北翼の外側庭にあるトイレは仮設トイレをちょっと良くした程度で他の所より綺麗ではなかったという印象です。宮殿内は使いませんでした。

ヴェルサイユにRERで行き、帰りはバスと地下鉄でルーブルへ

ヴェルサイユ宮殿迷走記1 宮殿編

ヴェルサイユ宮殿迷走記2 庭園編


関連記事

151228pms01

ラインベルガー レクイエムop60 は今まで演奏された記録の少ない曲です

来月、3月12日にPMS合唱団で演奏するラインベルガーのレクイエムは日本であまり演奏されていない(1

記事を読む

151106luova03

ルーブル美術館の階段もわかりにくい

ヴェルサイユを見学した後、バスと地下鉄9号線、1号線を乗り継いでルーブルに向かいました。ヴェルサイユ

記事を読む

170512hakoa05

【箱根離宮】今年は3号棟 母にはお風呂やレストランが少し遠かったかも

今年で3回目の箱根離宮。昨年は夕食もベラヴィスタでしたが、今回は節約モードで小田原のお寿司やさんまで

記事を読む

160701flowa01cc

映画【フラワーショウ!】 英国チェルシー・フラワーショーが舞台の実話

世界的にも有名なイギリスで行われるガーデニングの世界大会、『チェルシー・フラワーショー』ガーデニング

記事を読む

160408oda10

【小田原城】桜が満開でした!江戸時代各地の築城に影響したお城だったんですね

4月8日、箱根に行く前に小田原城に行ってみようという事になりました。きっと桜にも間に合うはずと向かい

記事を読む

160106kama03

鎌倉に行った時買ってくる 最近の土産のお気に入り

今年は母の希望で初詣に鎌倉に行ってきました。鎌倉に行ったら巡るコースがだいたい決まっているのですが今

記事を読む

160117enga03

世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々展

昨日1月16日から 汐留ミュージアムで英国王立植物園所蔵のボタニカルアートなどの展覧会が始まったそう

記事を読む

150803tip01

【第11回】英国イングリシュガーデンの旅 おとぎの国の村チッピングカムデン

コッツウオルズの観光名所に茅葺屋根の町並みチッピングカムデンとローマ時代から栄えていた羊毛の街ボート

記事を読む

160601kana04

【花菜ガーデン】6月1日に行ってきました!バラのピークは過ぎていました

今週になって急に行ってみようという事になり、今年は早めに咲き進んだという情報からあまり期待はせずに行

記事を読む

151104mad05a

2015年何をしてたか

2015年もあと少し。今年は私の年!元旦から風邪をひいてスタートした今年。年明けからちょっと緊張して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

170612pms02c
【ハイドン Te Deum】言葉に気をつけて歌う

今週のPMSもテデウムの後半から練習。93小節からスタートして、言葉の

170919bura04
【フェルト手芸】カメオ型ブローチにサンゴネックレスのビーズを使ってみました

今回はプレゼント用。作品が少しゴージャスになるようにと、サンゴビーズを

170918frua02
【フラワーアレンジメント】フルーツを絵画のように盛り合わせてアレンジ

今月はヨーロッパの絵画にあるようなフルーツの盛り合わせのアレンジをレッ

170917yama02
グリーンカーテンの【山ぶどう】で果実酒は造ってはいけない?!

今年は豊作だったグリーンカーテンの【山ぶどう】。まだ青い実も付いていた

170917goma01b
【アカボシゴマダラ】最近よく見かける蝶!綺麗だけど外来種!

10年ほど前から見かけるようになった【アカボシゴマダラ】初めて見た時は

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑