*

【楽譜カバー】ステージ用にナカノのカバー2種類を比べてみました!

190515kaba52

最近、我がアカペラ団のステージで楽譜を持つ事が多くなりました。アクセサリーとしての要素も入って、ただ楽譜を持つというだけで無い、見た目の格好良さもポイントになったカバーが必要になりました。

曲やステージの雰囲気で、カラーの紙などでアクセントを付けたこともあります。基本的に宗教曲が多い事や以前先生からも、『なにかかっこいい楽譜カバー買ってしまったら?海外のでずり落ちないバンドの付いているのもあるよ』という助言もいただいていた事もあって、懸案事項になっていました。

以前、先生からのお話があった時にも、どういう品物があるのか調べていたので、今回も色々な商品を調べ、(私の独断ですが)ナカノというメーカーの2種に絞ってみました。

見た目がかっこよく、持ちやすいという2つの要素がポイント。そして素人の私達が使うのでお値段も高くないという3つ目のポイントもあります。

まずは見た目のかっこよさで目を引いたのが、【ナカノ 高級楽譜シートホルダー布張り】

 

そして、ずり落ち防止のサポートバンドが付いていて中にもファイル袋の付いている実用的な【ナカノ コーラスファイル サポートバンド付き】

この2種類についてメーカーに問い合わせをしましたが、どちらが良いか決められず。団員のみなさんとも相談し、実物を見た方が良いという事になって、その2種類を購入してみました。

 

 

■【ナカノ 高級楽譜シートホルダー布張り】

想像通りの高級感ある見た目です。とてもしっかりした作りです。

190515kaba50

190515kaba27

190515kaba49

 

中に1cm位の透明バンドが付いていますが、これは想像していた感じより緩く柔らかいです。

190515kaba28

190515kaba47

自分用に製本した歌う部分のみの薄い楽譜程度なら問題なく挟めますが、ちょっと厚めの楽譜だと固定力に欠けそうです。

コーラスファイル用のゴムバンドが丁度良くはめられるので、それをはめると楽譜と手の両方のサポートに使えると思いました。

 

■【ナカノ コーラスファイル サポートバンド付き】

メーカーの方が薦めたのは実はこちら。色々な要望から独自に作ったそうです。

190515kaba54

本体の色味は写真で見るより黒いと感じました。皮風の押し柄のプラスチック製です。

サポートバンド用に2箇所に切れ込みが入っていてバンドがずれてしまわないようになっています。

190515kaba24

表紙内側の楽譜を挟みこむ部分も幅広く布製のバンドよりしっかりした素材が使われています。

190515kaba44

内側に取り付けられているファイル袋は4枚で、綴じ側から楽譜を差し込めます。

うたい文句ではA3が3枚と書いてありましたが、実際は表紙面を含めA3が5枚分挟めます。薄い手作り製本の楽譜なら最大5冊という事です。

190515kaba25

190515kaba45

実際、楽譜が厚くなると難しいかもしれませんが・・・。

■ 見ての感想

どちらも、まだ使ったわけではないのですが、合唱組曲の楽譜など、しっかり製本された楽譜だと高級布製カバーのほうはバンドの固定力が無いので、使い難そうです。

布製は言葉通り見た目はとても良いのですが、数枚だけの薄い楽譜に向いていると思いました。

コーラスファイルの見た目はやはりプラスチック感があって布よりランクは落ちます。でも持ちやすさや中の構造は良く出来ていました。

高級感優先使い勝手優先か、結局どちらも捨てがたい・・・。

無いものねだりですが、布製の内側のバンドをコーラスファイルの様に幅広でしっかりさせ、まちをもう少し厚くしてくれたら、私達が使う場面に見た目も使い勝手もピッタリになるのにと思いました。

さて、団の皆さんにお見せして、どちらを選択する事になるのか・・・楽しみです。

※写真ではイメージ画像としてコーピーしたA4紙を使っています※

★★★後日談★★★

団員の皆さんにお見せして。ほとんどの方が布製の方が良いとなりました。とは言え、布製は少し滑りやすいのと重たい事との意見がありました。

滑りやすい事を考慮し、コーラスファイルのゴムバンドが単品で買えるので、それぞれ1本か2本、自分の使い勝手に合わせて購入しました。

このゴムバンドは楽譜の中心を留め、外側からは手を入れて使う事ができるので、舞台上でもかなり安心感がプラスされました。

布製については舞台で使ってみて一つ気になったのは、外側(反対側)に180度以上広がるために片手だけだと少し持ち難いと感じました。見た目はとても良かったです。

 

関連記事

160520pino01

県合唱祭に向けての最終練習

今日のピノは合唱祭に向けての練習をしました。音楽の流れを作る事が中心の練習になりました。音程の安定な

記事を読む

170323pinoa02

自主練習で課題曲とプーランクの曲を練習しました

  家の用事で遅刻で参加になった昨日のピノの自主練習。課題曲を練習しているところ

記事を読む

180607mata15

少人数でアカペラ特訓

ピノの今週の自主練習は色々な事情で5人での練習になりました。幸い各パート一人ずつは揃っていたので、し

記事を読む

190321pmsa00a

【ハイドン四季】いきいきと立体的に!強調する所としない所をもっと激しく

今週のPMSは9番からスタート。先週に引き続き語尾のタイミングをデジタルに揃え、言葉の強弱ポイントを

記事を読む

170831pina01

【ルネサンス・ポリフォニー選集】Moralesの曲を自主練習しました!

 先週と今週のピノは自主練習。今週はボイトレをしていただいてからの自主練習でした。ボイトレ

記事を読む

151007ic02

ICレコーダー合唱練習用にV823がなかなかいい感じ

丁度6年前に買ったオリンパスDS750が壊れてしまいました。修理するしかないようだったので、毎日6年

記事を読む

160317pino01

母音の色を揃える!新曲2曲!先生にみていただきました♪

昨日はコーラルフェストの後、初めての先生練習。今月に入って選曲していただいた新曲2曲を練習しました。

記事を読む

151102paria09

演奏時間と曲の組み合わせってなかなか難しい

今週のピノはアンコンの申し込み前最終の先生練習だった事もあって、お試し音取りした曲などの演奏時間を計

記事を読む

200325pmsa92a

【Schubert Stabat Mater】先にある音に向かって歌おう!

ここ2週間お休みしてしまったPMSに今日は行くことができました。スタート時間に間に合わなかったのです

記事を読む

170323pinoa011ca

ルネサンス時代の曲だからこその歌い方を練習しました

今週のピノは新曲のお試し練習からスタートしました。 プーランクのAve Maria  先生がいらっし

記事を読む

Comment

  1. ♪CD♪ より:

    ステキな楽譜カバーですね。
    オシャレだわ。
    D混の楽譜には使えそうもなくて、残念。

    話は変わりますが、お伊勢参りに行ってきました。

    こちらの去年の記事を参考にさせて
    頂きました。ありがとうございました。

    • チョコ より:

      布張りはかなり綺麗なつくりです。
      でも、ちょっと持ちにくいし挟みにくいです。

      プラスチックは良くできてます。
      でも、プラスチック感は強いです。

      皆さんにお見せした結果は、布製が断然多く、プラについているゴムバンドを単品で買う事になりました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

220924pmsa1a
【Verdi Requiem ,Te Deum】演奏会まで後5回!一度目でしっかり歌えるようになろう!

混声合唱団の合同練習に参加しました。合唱の中核となる混声がしっかり歌え

220707sana2a
マドリガーレの新曲練習はイタリア語から

自主練習が続いているピノ。先週は都合でお休みさせていただいたのですが、

220920dea44a
【介護認定】その4 デイサービス5施設見学で分かる事

見守りが必要になった94歳の母。昼間の時間少しでも活動的に過ごして欲し

220917mana1
【マニフェスト】シーズン1・2・3Netflix アメリカテレビドラマらしいSFサスペンス

★★★★☆2018~2021年アメリカ【マニフェスト】シーズン1・2・

220916roua2
【琅琊榜 麒麟の才子、風雲起こす】全54話 後継者争いに現れた策士の義と絆の復讐劇

  ★★★★☆2015年中国【琅琊榜(ろうやぼう) 麒麟の才子、風雲

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑