*

ヴェルサイユにRERで行き、帰りはバスと地下鉄でルーブルへ!

公開日: : 最終更新日:2016/06/13 旅行 , , ,

151106ver02a

今回のパリ旅行で一番心配だったヴェルサイユへのアクセス。評判のあまり良くないRERがホテルからは一番便利な事もあり、色々調べ昼間に一度オルセーに向って乗ってみて、どうにかなりそうとRER C線で行く事にしました。

予定の出発時間が20分ほど遅くなってしまった事で、最寄り駅Javelに着いた9時、ちょうど発車してしまったのがVersailles-Chateau-Rive-Gaucheヴェルサイユ・シャトー・リヴ・ゴーシュ行きのVICKでした。

窓口で行き先を言って切符を買い(確か3.5ユーロ)ホームに降り、時刻表を確認しました。

VICK以外でも

ホームには電光掲示板で次に来る電車から先5本位の予定が出ていますが、目的のVICKはずっと先で30分近くありません。こんなに本数少ないの?と貼ってある時刻表(日本のJRの運行表のような)を見てみました。

すると、VICKの10分前にS●●●(忘れました)というJavelからは全く同じ停車駅の電車がある事がわかりました。かなり調べて行ったとは言え、VICKしか行かないと思っていたので散々迷ったのですが、時刻表に書かれているのだから乗ってみよう!という事になりました。

ちょっと不安な気持ちでそのS●●●に乗り分岐駅からは駅名をチェックとかなり小心者の行動をとりましたが、車内は60%程度の乗車率で普通にボックス席に座れて無事目的のヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅に着きました。

駅前を私達は左に行ったのですが後で右に行った方が良かった(帰りはバスの予定だったので)と思いました。でも、距離はほとんど同じだと思います。

151106ver01a

シーズンオフだったからか10時少し前に宮殿前に着いた時チケット売り場に行列らしきものは無く。ミュージアムパスを持っていた私達も全く並ばず荷物チェックも通過しました。(宮殿での迷走記はこちら

 

帰りはバスと地下鉄9号線で

ヴェルサイユの後にルーブル美術館に行く予定だったので、帰りはバスと地下鉄を乗り継ぐ事にしました。

バス停(乗り場)がどこにあるのかわからないまま宮殿を出て車の流れから降車は左側、乗り場はきっと右側にあるだろうと話していたらちょうど遠くにバスが着て左側に停まって乗客を降ろしています。バスの系統も171と分かったので右の乗り場に移動するバスを追いかけるように走って乗り込みました。切符は運転手さんにチケット2枚(二人だったので)と伝えて直接買い、そばの検札機に差し込んで終了。

席が空いていて座れたので良かったのですが、地下鉄 Pont de Sevres駅までは30分以上かかりました。

地下鉄9号線の Pont de Sevres駅は始発駅なのであまり心配せず 停まっていた電車に乗車、乗り換え駅のFrenklin D.Rooseveltまで14駅ありました。ちょっと長く感じたというのが実感。同行者が疲れから舟をこぎ出してしまったので、スリに目をつけられたら大変とばかりに私は相当怖い形相になっていたようです・・・。

1号線の乗り換え駅Frenklin D.Roosevelt駅では連絡通路がそれなりに長く感じましたが①という表示を頼りに歩きました。

あとは1号線の行き先を確認してホームに進み ルーブルの最寄り駅 Palais Royal/Musee du Louvre に着きました。

一旦外に出て建物途中のリシュリュー口から入場。3時を過ぎた時間ここでも全くストレスの無い入場ができました。

RER余談

さらさらと見学し帰りは5時半過ぎ、タクシーに乗ろうとしましたがタクシー乗り場も遠く結局オルセーまで歩き、そこでもオルセーの閉館時間とぶつかりタクシーがつかまらず、RERで帰る事になりました。

151104pari06a

そこで初めて、ちょっと怪しい若いおにいさんと遭遇しました。それまでは直接係わるような事はなかったのですが、その若い男の人は各席をまわって何か声をかけています。返答している人もいれば無視している人も。私達は顔を反らして無視の態度をとりました。電車を降りるとき、一緒に降りてくるように見えたので急ぎ足で改札を出ましたが。その後はわかりません。とはいえ、RERと地下鉄、どちらもそれほど違うようには感じませんでしたし。今回は何事も無く帰ってきました。

地下鉄とRERどちらの方が使いやすいかと言えば地下鉄の方が行き先が分かりやすいように思いました。実際、RERでオルセーからジャベルまで行くのに電車を間違えたという人が同じツアーで2回聞きました。

東洋人のおばさん2人連れだったのでスリの良いカモなはず 行きも帰りも相当ピリピリした雰囲気でした。そんなわけでもっと写真を撮りたいところでしたが、ガイドブックなどの注意『むやみにスマホを出して写真は撮るな』を忠実に守った結果写真はほとんどありません(汗)。 

※駅名などフランス語表記ができていない部分があります。 

 


 

関連記事

150619barns10

【第5回】イングリッシュガーデンの旅 美しく手入れの行き届いた庭園バーンズリーハウス

バイブリーの村から車で15分。宿泊か食事をしないと見る事のできないガーデンデザイナーの元自宅庭園、バ

記事を読む

151106vera07

ヴェルサイユ宮殿の迷走記1(宮殿編)

2015年11月6日、自力で行ってみよう!とパリからRERに乗ってヴェルサイユに到着!(RERでの道

記事を読む

150816upp01a

【第12回】英国イングリッシュガーデンの旅 宿泊地 北コッツウォルズ

今回のツアーでは北コッツウォルズのアッパースローター村にあるローズ・マナー・ホテル(第7回でご紹介)

記事を読む

150530mottis03

【第2回】イングリッシュガーデンの旅 モティスフォント・アビー・ガーデン

シシングハースト・キャッスル・ガーデンで昼食を食べた後、西に車で2時間。モティスフォント・アビー・ガ

記事を読む

160409lala01

【箱根ラリック美術館】アールデコの美しい作品達、なかなか見応えありました!

箱根離宮に泊まって翌日は箱根ラリック美術館に行きました。事前に調べてみるとローソンで前売りを買ってお

記事を読む

160305sst02

【湘南T-SITE 】SSTに行ってランチタイムを楽しみました!素敵なアイテムも買ってきました

昨日は母と振り替え休日を取った娘と辻堂のSSTに行ってきました。ある意味地元ですが、だからといってす

記事を読む

170512fuzia10

【富士浅間神社】北口本宮とスバルラインで5合目まで行ってきました

 春の恒例になりつつある、箱根の家族お泊り会。今年は5月に入ってになりました。私の家では4

記事を読む

151009pari01a

パリに行く前に調べた5つの便利サイト2015

来月パリに行くのですが、11月の初めってまだ紅葉してるのかなぁとか、紅葉好きな興味から今日はどんな感

記事を読む

150817dav03

【第13回】英国イングリッシュガーデンの旅 デイビッド・オースチン・ローズガーデン

今回のガーデンツアー最後のガーデンは イングリッシュローズの名前を世の中に広めた園芸家デイビッド・オ

記事を読む

150606uin06

【第3回】イングリッシュガーデンの旅   宿泊地ウインチェスター

 このツアーでは初日ロンドン。2日目ウインチェスター。3・4日目コッツウォルズ、ローズマナ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

171211xma11
【ナチュラルクリスマスリース】簡単なグリーンリースの作り方

毎年この時期になると玄関ドアにクリスマスリースが欲しくなりますよね! 

171210choa22
【ヨコハマコーラルフェスト】2018の説明会行ってきました!

 ブログの時系列が前後していますが10日は来年2月のヨコハマ

171206koua61
【クリスマスキャンドルアレンジ講習会】43名の参加で無事終了しました!

6日は保険会社のお客様対象の講習会をしてきました。ここ何年かこの時期に

171208pina77
【Missa Canonica】新曲は検索しても参考音源のない Jan Mulの曲

今週のピノは先週先生が持ってきてくださった新曲 Jan Mul の【M

171127pms79ac
【ハイドン天地創造】冒頭から順に歌いました

今週のPMSはいつもと違う水曜日。練習のスタートも少し遅いスタートでし

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑