*

フラワーアレンジ講習会手順(企業催事)② 当日流れ

151214my03b

今日は4日で仕事始め! という事で、講習会手順の2回目として今回は前日のお花購入から当日の流れを中心にご紹介します。

お花購入

予期せぬ事態が起こった時の為に、注文していたお花を買いに講習会前日お花屋さんに行きました。

お花屋さんのシステムによっても違うと思うのですが、私の使っているお花屋さんではしっかり大量の注文をする場合と、中程度の分量とでは品物の入り方が少し違っています。しっかりこの花が欲しいという場合は少し高くても仕入れるので当然高値の花になってしまいます。なので今回も少しアバウトな注文のしかたをしています。

2色スプレーカーネーション90本を注文しているのですが、当日入っている他の色と組み合わせて4色にしたいとあらかじめ伝えてありました。大きな花屋さんなのでそのあたりはどの色が残っても大丈夫なんです。

ところが買いに行った日が日曜日、日曜日はこの花屋さんで一番花の少ない日だった事もあって、沢山の色の中から4色選ぼうと思っていた当てがはずれてしまいました。それでも、3分の2は注文してあったピンクとクリーム。あとはそこにあったサーモンピンクと少量のオレンジでどうにか4色にしました。

4色にしたのは お客様に4色の中から2色の花を選んでもらう楽しみ付加したかったからです。

ヒムロスギなどは取り置きしてもらった物。デルフィニュームはしっかり注文してあったので思った以上の良い花でした。

ヒイラギは自宅の木から数だけ剪定しました。

見本作品制作

帰ってから当日の作品参考になるよう見本を作りました。

151214my10a

依頼された時にも見本を作っていますが、生花なので持ちませんし、当日の材料と違ってしまうので新しく作りました。ドライフラワーなどならこの手間は必要ありませんが、今回はロウソクも見本提出した作品とは違っていますので必要になりました。

 

講習会当日 講習前

前もって花や材料は運んでもらい、私は講習開始1時間半前に到着。4名の方にお手伝いしてもらいました。

■まずは水を汲んで吸水性スポンジ(オアシス)を浸す作業。

簡単な事ですが、注意が必要で絶対に上から水をかけたり、むりやり沈めたりしてはいけません。水の上にスポンジを浮かべるように置いて自然に染み込んで沈むようにします。むりに押し込むとスポンジの表面に水の幕が出来てしまい中の空気が逃げられなくなって水が中まで染み込まなくなります。

空洞になってしまうと中まで染み込ませるのはできないと言っても良いくらい大変な事になりますから、これは絶対に注意したい作業です。

■並行してテーブルの配置にあわせて濡れた材料を置く新聞紙を一人ずつ置いてもらい。ヒイラギやヒムロスギなど選ばなくて良い材料を置いておきます。デルフィニュームも会場でカットし輪数を数えながら置いてもらいました。

■水を吸収したスポンジをペットボトルにセットし、これも新聞紙の上に置いてもらいました。

■数人ごとのグループに一つホチキスも準備します。

来客受付

今回の作品では濡らしたくない色画用紙や折り紙などは受付時に声を掛けながら渡す事になりました。

入り口で4色のカーネーションの中から2色を選んでもらい、リボンも3種類用意してあったので選んでもらいました。

色などの売れ筋というのは興味深い結果となりました。この事はまたの機会に。

講習開始

まずは見本を見ていただきできあがりをイメージしてもらいます。

■作業は箱の作り方からスタート。折り紙を使って折り方を練習してから本番の画用紙で箱を作ってもらいました。この折方がなかなか難解だったので、前もって会社の係りの人何人かに覚えておいてもらい、分からない人には教えてもらう事にしていました。それでも作業時間のばらつきはかなりあって すぐ出来てしまった人にはかなり待ってもらったり、説明をあまり聞かず作ってしまい出来上がらなかったりと、このあたりは想定範囲な事が起きていました。

いくつか出来上がらなかった人の為に作っておいた箱を使ってもらいました。

■箱の外側にリボンを巻く作業では想定外の事がありました。

箱の大きさが決まる折り始めの長さに線を書いておいたのですが、思い違いや聞き違いで反対に折ってしまったり、線に対するアバウトさで箱が大きく出来てしまう人がいて 長めに切っておいたリボンでも思った以上に足りなくなっていました。

151214my01a

■その後はスポンジにロウソクをセットして本題のフラワーアレンジをしてもらいました。

アレンジの手順は簡単に形の決まる方法にしていますが、まったく初めての人などは長さの感覚なども無いのでホワイトボードに切る長さやどこまでスポンジに入れるかなどを図解で説明します。花の向きなども会場を回って手直ししながらアレンジを進めますが、こちらも個性を出したい人などもいるのでなかなか思った出来にはならないものです。

■出来上がった頃に一言、「少し離して観てみてください」と声を掛け、自分の作品の直さなくてはいけない部分を見つけて直してもらう事も必要と思っています。なんでも出来たらそれで終わりでは講習にはならないので、私は良くないと感じた部分をどうやったら直す事ができるかで、講習を受けた価値を感じてもらうようにしています。

■所要時間

折り紙を折る練習と箱を作るまでに約25分

フラワーアレンジに約30分で合計1時間の講習にする事ができました。

フラワーアレンジ講習会手順① 事前準備 はこちらをご覧下さい。

 



 

関連記事

180416oha18a

【小原流】支部創立記念花展を観てきました!とにかく豪華でした!

小原流の花展を観てきました。久々のいけばなの花展です。いけばなの花展も単に生徒作品発表会といったもの

記事を読む

161207meia02

【クリスマスリース】講習会準備でリボンやリース台40個準備完了!

今回の企業催事講習会の準備も最終段階。講習時間が1時間という事で、普通にお教室では生徒さんにやっても

記事を読む

17072nata01c

夏に生花を長持ちさせて楽しむ 水を腐らせない方法

 梅雨明けして暑さの厳しい季節。生のお花は持たないからと敬遠されがちですよね。でも、ちょっとした工夫

記事を読む

190724nata10a

【夏のフラワーアレンジ】ガラスのお皿で涼し気に!

今月の辻堂でのレッスンはガラスのお皿を使って、涼し気な夏のアレンジをレッスンしました。夏でも比較的持

記事を読む

191216risa33a

【クリスマスリース】生のグリーンを使うナチュラルなリースをレッスン!

今年の12月レッスンは生のグリーンを使ったリースを作りました。今までにも何度か生のグリーンを使ったリ

記事を読む

160101ga01

2016年 明けましておめでとうございます

2016年になりましたね 毎年毎年 一年が早くて・・・またすぐ次の年になっちゃうんでしょうから 毎日

記事を読む

191017yama01b

【フラワーアレンジメント】カボチャを使ったバスケットアレンジ(作り方)

ハロウィンの季節になるとあちこちで見かける可愛い小型のカボチャを使って、簡単にできるフラワーアレンジ

記事を読む

150624natuare01

夏の葉物アレンジ 持ちの良い材料でさわやかに

気温が上がってくるとどうしても生花でのアレンジを敬遠がち。でも素材選びで夏中飾っておけるアレンジがで

記事を読む

170123pulaf01c

【フラワーアレンジメント】プレゼントを組み込んだ手土産に最適なデザイン(作り方)

 お友だちの家でパーティーにお呼ばれ!何かちょっとした手土産を持って行きたい。そんな時に、

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【花装飾の準備作業】スムーズな作業になるようにやっぱり準備は大切です!

絵画教室作品展の花装飾での仕事の準備段階をまとめました。依頼されて初めに会場の広さの確認、置き場所、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

180707outa1
【アウトランダー】スコットランドの歴史の中に降り立った時の旅人

 ★★★★☆ 2014年英米合作【アウトランダー】シーズン1(現在シー

210923higa55a
【秋彼岸】本堂建て替えで見納めのお墓参りしました

秋彼岸で今回は母の都合もあって入りではない日にお墓参りに行ってきました

210923ria1a
ベトナムのロックダウンが我が家にも影響するなんて・・・

 ベトナムのロックダウンという、対岸の火事的印象の出来事が我

200120sina1a
【新米史官ク・ヘリョン】歴史を残す女性書記官と王子のラブストーリー

★★★★☆ 2019年韓国【新米史官ク・ヘリョン】全20話。架空の朝鮮

210920oha48a
【秋彼岸】今日は入りのおはぎを作りました!

彼岸の入りで敬老の日で祝日。とにかく今日は入りだから午前中におはぎを作

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑