*

【フラワーアレンジメント】単調になりがちな材料を個性的な作品にするポイント

210719are65a

同じ材料を使った作品でも材料の配置で個性が発揮されます。アレンジの基本に則った入れ方は簡単に仕上げられるという利点がありますが、どうしても面白みのない出来上がりになります。

個性的な材料を使ったとしても、配置に工夫が無いとやはりインパクトの薄い仕上がりとなってしまいます。

今回は少し個性のある色数を抑えた材料を使ったアレンジで、配置の工夫の仕方をご紹介します。

↑↑の写真は花屋さんで材料を選んだ時の様子です。普段お花を選ぶときにも、花の顔が見えるように一旦テーブルに置いて全体のバランスを確認しています。

お花のコンセプトは受賞記念のお祝いの花なので紅白にしています。

アレンジメントの仕方

今回のアレンジでは大きめの籠を使っています。吸水性スポンジを入れるために、花のラッピングフィルムを2枚敷き込み、ヘリから3cmほど長く切って少し巻き込みワイヤーで留めています。ワイヤーは無くても大丈夫ですが、水を入れる場所を間違えないように注意してください。

210719area70

◆配置のポイント

個性的な雰囲気に作りたい時は、まずどの材料を見せたいのかを考え、そのメイン材料がポイントとなった作品になるよう先に配置していきます(ポイントの花が小さかったり弱い物は後から入れます!。

ここが、基本の入れやすい入れ方とは違う点かもしれません。

もちろん、全体の大きさや大まかなアウトラインなどは前もってイメージしておく事が大切です。

今回の作品では、モンステラの葉とプロテアが見せたい材料でしたので、まずは大きくて後からは入れにくいモンステラの葉を先に2枚入れました。その後にプロテアを入れています。

アレンジでは大きな材料は先に、小さな花は後からにしないと、大きな材料に隠れてしまう事になります。

210719area72a

この段階で、ほぼ全体のイメージを作っておきます。

このフォーカルポイントを中心に花束を作る要領で花の範囲を広げて行きます。

◆葉の入れ方

私はこの後、バラを数本入れた後に手前にアンスリュームの葉ABを配置しています。

210719are82b

 

このABは1枚でも良いような狭い範囲に入れているのですが、縦に向き合わせて入れる事で、べったりとした平面の緑になりがちな部分に空気感をプラスしています。

モンステラCDも少し立て気味にしてDの葉の面を半分隠しています。また、2枚は隙間を開けて配置しこちらにも風が通る空間を開けています。

葉の表だけでなく、裏を見せるというのも、変化をつける方法の一つです。

大まかに前面を入れた後、横からと後ろ側を入れます。バラなどの花は3,4本入れずに残しておくのもポイント。

先ほどのモンステラCDの間にも花を入れていきます ↓↓

210719area83b

 

 この隙間は涼し気な空間として見せたかったので、花は赤いバラと白のカーネーションを1本ずつだけです。

◆花色でデザイン性を見せる

そして、だけの花を選択していますが、配置をはっきり分けて入れる事でインパクトのある印象にしています。

後ろ側はこんな感じ ↓↓

210719area84a

 

前面からは赤い花モンステラ

前からはちらっと白い花が見えて、横から後ろに回ると白い花だけのコーナーという仕組みです。

赤と白を混ぜて入れると、優しい雰囲気にはなりますが、少し平凡な作品になります。

◆後ろ側にも入れる

花屋さんのこういったアレンジでは後ろは単に後ろ側といった入れ方にすることが多く全く裏側にされがちですが、後ろ側にも注意を払った入れ方にしておくとお洒落に仕上げる事ができます。

後ろにも入れる事で、前から観た時、平面的な 印象にならないという利点があるわけです。花が無い場合でも、葉や副材を入れるだけで、趣のある作品になります。

◆花の高さを変える

アレンジ基本の一つですが、花の顔の高さを変えると、風が通って爽やかな印象になります。

210719area82c

最近おしゃれな花屋さんのアレンジで、逆に花の顔を揃えて並べたものが流行っていますが、そういうアレンジの場合は大抵、短くスポンジぎりぎりに入れたデザインです。スポンジが見えにくく作られ、花の顔の種類も多く使われて、デザインのポイントそのものが違っています。今回のようなデザインの場合は高さを変えた方が美しい印象になります。

花を入れた後、スポンジの見えている所など足元を隠す材料をいれます。この作品の場合はスモークツリーを使っています。花屋さんではこの他にユーカリも買いましたが、少し暑苦しい印象になるので入れませんでした。

このスモークツリーも高さを変えて入れています。同じ場所に低い枝と高い枝という入れ方もします。

◆副材でも空気感

最後に全体のバランスを見ながら、副材を入れていきます。今回は利休草で動きや空気感を出しています。

モンステラの広い緑の面の前に利休草を入れ、きっちりとしたアレンジに変化を付けています。

残しておいた花もこの段階で寂しい部分や、バランスの悪い部分に入れて整えます。

この作品では左側のハンドル脇にバラを短く入れたいところですが、足らなかったので入れられませんでした。花屋さんなら可能ですね。

210719area82a

 

 花が入れ終わった後、リボンを付けて完成!

リボンが地味目な色だったので3種類のリボンを組み合わせています。

リボンは水に当たると張りがなくなる物もあるので、水の扱いにはご注意ください。

 

 

関連記事

151214my10a

クリスマスアレンジ講習会

先月から準備してきた企業催事のクリスマスアレンジ講習会、無事終了しました。今回は旅行から帰った11月

記事を読む

160224momo6

【桃の枝物】を使ったフラワーアレンジいけばなとはちょっと違った雰囲気に!

 今月は桃や桜を使ったフラーワーアレンジをレッスンしています。昨日は基本デザインを勉強中の

記事を読む

160309tuya02

【プレゼント用花束】花屋さんみたいな花束の作り方をレッスンしました

今月は色々なシーンで花束贈呈の機会が多くなるシーズン。 花屋さんにも綺麗なお花がいっぱい!自分

記事を読む

160913nemoa01at

【水彩画教室作品展】2つの作品展での花装飾の打ち合わせしてきました

小中学時代からの友人の絵画教室作品展にお花のディスプレイをする事になり、お花の作品数や配置など打ち合

記事を読む

171002etea04

【花装飾】今年も水彩画作品展でリリスと山手234番館にお花を飾ります!

【水彩画教室作品展】に今年もお花を飾ります。10日からは本郷台【リリス】、26日からは【横浜山手23

記事を読む

190122waia62a

【フラワーアレンジメント】ワイングラスで春のお花のテーブルアレンジ

今年最初のレッスンは久々のワイングラスアレンジをしました。同じワイングラスのアレンジでも、今回は葉を

記事を読む

170516syosaa02

【フラワーアレンジメント】初夏の緑を楽しむアレンジ

 今月は新緑の綺麗な緑を楽しむアレンジをレッスン。色とりどりのお花が真っ盛りなこの季節、綺

記事を読む

161214xma02ttc

【フラワーアレンジメント】キャンドルスタンドを使ったクリスマスキャンドルアレンジ(作り方)

クリスマスの時期にはキャンドルを組み込んだアレンジを飾る機会が増えます。今回は花器ではなくキャンドル

記事を読む

SN3R0388

【フラワーアレンジメント】葉物(グリーン)の上手な使い方講座3【ナルコユリ】

フラワーアレンジメントで使う葉物も色々あります。花がメインでも使う葉によって雰囲気がかなり違ってくる

記事を読む

160918niw21c

【フラワーアレンジメント】お教室を決める前にチェックする3つのポイント

ひとことに【フラワーアレンジメント】を習うと言っても、個人個人の目的が違っているはずです。【いけばな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

210802roma1a
【ラスト・ツァーリ:ロマノフ家の終焉】Netflix ロマノフ王朝の最後を追ったドキュメント!

【ラスト・ツァーリ ロマノフ家の終焉】 全6話を観ました。研究者見解と

210801swia91a
【ワイヤレス温湿度計】SwitchBot 離れていても温度が分かる温度計を母の部屋に買いました!

離れていても温度が分かる温湿度計を買ってみました。母のいる部屋の温度を

210731zaka81a
コロナウイルスさんいつまでこんな感じなの?

オリンピックの真っただ中、コロナウイルスの感染拡大で、なんだか気分が下

210528waa3a
【コロナワクチン予防接種】64歳以下、地域を諦め大手町大型接種会場で予約しました!

30代の息子がコロナウイルス予防の64歳以下の人へのワクチン接種を大手

210727kima1a
【キム秘書はいったい、なぜ?】Netflix 最後まで楽しくみられるラブコメです!

【キム秘書はいったい、なぜ?】Netflix 2018年制作の韓国ドラ

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑