*

「 コーラス 」 一覧

【マタイ受難曲】コラールの雰囲気を歌い分けるって難しい

2018/12/15 | コーラス

今月後半はPMSの練習日が混んでいます。日曜練習に木曜と2回でした。日曜練習では1番から29番までを、木曜練習は、2部のコラールから練習がスタートしました。コラールだけをピックアップして歌うのですが、

続きを見る

万華鏡の様に美しく輝く歌を目指します!

2018/12/14 | コーラス

今週のピノは久々の先生練習。自主練習で練習していたルネサンスの新曲から練習しました。ルネサンス曲でも最近はほとんど歌う事のなかったバードの曲です。ちょっと違うところに進んで行く感覚で、なかなか音をつか

続きを見る

【マタイ受難曲】息を吸うところから曲が始まる!

2018/12/11 | コーラス

PMSの11月最後の練習日は先生のご都合で中止になりました。そして先週はPMSからも沢山の方が参加したMファミリーのモツレク・プラハ公演がありました。PMSでピアノを担当されているO先生も今回はベート

続きを見る

『ル』と『M』わざわざそう書かれている歌詞の意味を理解して歌う

2018/12/07 | コーラス

今週のピノはプラハに行った4名を除いた6名でのボイトレと自主練習になりました。ボイトレでは歌詞にかかれた、『ル、ル、ル』とそれに続く『Mー』の発音の意味を考慮して歌う事を教えていただきました。なんとな

続きを見る

自主練習でパート別ボイストレーニング

2018/11/29 | コーラス

今週はT先生にパート別にボイストレーニングをしていただきました。まずは体操でがらだをほぐしてから、パートごとに問題のある部分の改善練習。私達アルトはパートソリのある2曲。どうしても目だってしまうソリ部

続きを見る

パート混ぜ混ぜ自主練習で精度を上げる練習!

2018/11/23 | コーラス

今週のピノは先生のご都合で、自主練習となりました。なので、まずは先週歌えなかった、ルネサンス曲から練習しました。パートをバラバラにして混ざって歌うスタイルでの練習です。この方法だと、普段なかなかすぐ横

続きを見る

【マタイ受難曲】出だしの子音は前のりでハッキリと!

2018/11/19 | コーラス

今週のPMSは先週に引き続き日曜の練習になりました。会場も久しぶりな場所ですが、舞台の上なので声が良く響いているように聴こえました。練習は60番からスタート。ヨハネに比べたらずっと音も簡単な『Wohi

続きを見る

録音を聴いて発見する改善点がいっぱいありました・・・

2018/11/15 | コーラス

今週のピノはボイトレと自主練習。ボイトレではいつもの基本練習の後、アルトの低い音のハミングの仕方などをご指導していただきました。自主練習は日本語曲から練習。不安定になりやすい音程の確認と、和音で感じて

続きを見る

【マタイ受難曲】もっと下品に!もっと厳しく!そしてもっと柔らかく!

2018/11/12 | コーラス

今週のPMSは日曜練習、練習会場も私にとってはいつもより近いので助かります。30番からスタートし、58dまでを練習しました。『10回やって、やっとこの感じ・・・』と言われてしまうくらい、なかなかテンポ

続きを見る

個人の事情の改善なくして美しいアカペラはないんですよね・・・

2018/11/10 | コーラス

今週のピノは久々の練習会場。少しマットな会場だからこそ、響きに左右されない現実を改善するのに良い場所なわけです。そんな会場で、しっかり改善箇所を直したいところです。練習はコーラルフェストに歌う宗教曲か

続きを見る

181119pmsa1a
【マタイ受難曲】曲の雰囲気は顔から入ろう

残り3回となったマタイ受難曲のPMS練習は1番から終曲まで全曲を練習し

190120mata35
【松坂牛】まるよしの松坂牛!忘年会の賞品で当たりました!

昨年年末、息子が会社の忘年会で松坂牛400gを当ててきました。早速注文

181116houa7b
【鳳凰の飛翔】49話50話51話 簡単あらすじと感想

2018年9月Netflixで配信が始まった中国ドラマ【鳳凰の飛翔】が

181116houa1a
【鳳凰の飛翔】10話11話12話 簡単あらすじと感想

2018年9月Netflixで配信が始まった中国ドラマ【鳳凰の飛翔】が

151102paria09
豪華ホールで新曲を練習しました!

今週のピノはアンコンに出場するつもりで取ったコンクール前練習用のホール

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑