*

「 PMS合唱団 」 一覧

【ハイドン四季】語尾の発音入れが難しいです・・・

2019/04/09 | コーラス

PMSハイドン四季の3回目。先生の海外演奏会のお仕事で2週間のお休みが入って、久しぶりの練習でした。練習は新曲19番からスタート。比較的に簡単な音だった事もあって、前半で12番も練習しました。今回も言

続きを見る

【ハイドン四季】言葉が大切な曲の言葉を立てる歌い方を練習!

2019/03/21 | コーラス

 【ハイドン四季】PMS合唱団37期の練習2回目。前回入った18番からスタートしました。まずは、言葉をもう一度リズム読みしてから歌いました。嵐に驚き恐れ逃げ惑う人達の様子を歌う18番。言葉がもたついて

続きを見る

【ハイドン四季】今まで馴染みがなかったオラトリオ!83名でスタートです!

2019/03/12 | コーラス

PMS合唱団、ハイドン【四季】の練習がスタートしました!2月10日の【マタイ受難曲】演奏会のあと、2月26日27日にオーディションがあり、3月11日が初回練習という、ある意味ちょっと忙しいスケジュール

続きを見る

【マタイ受難曲】演奏会無事終了しました!

2019/02/11 | コーラス

昨年5月から練習をスタートしたPMS合唱団の【マタイ受難曲】演奏会が紀尾井ホールで10日終了しました。一度は歌ってみたいと思っていたマタイ。その大変さは演奏会まで続きました。なかなか言葉が身につかな

続きを見る

【マタイ受難曲】オケと合わせて楽しい練習の時が終了しました!

2019/02/09 | コーラス

2日間のオケ合わせが無事終了しました。1日目はソリストの方達との合わせ、2日目はオーケストラと合唱全曲を合わせました。今までピアノ伴奏で合わせてきた曲たち、ソリストの歌と合わせると聞こえ方も違って、私

続きを見る

【マタイ受難曲】一度きりの瞬間をしっかり表現して歌う集中力が重要ですね!

2019/02/04 | コーラス

残すはオケ合わせだけとなったPMS。いつもより1時間早いスタートで練習しました。今まで指導された事の総決算ともいえる練習。数々の歌い方、表現などがいっぱい書き込まれた楽譜のポイントをどれだけ実践できる

続きを見る

【マタイ受難曲】映画のワンシーンのように!

2019/01/30 | コーラス

演奏会に向けてオケ合わせまで後2回となったPMS。今週も冒頭から練習をしました。受難劇の映像を思い起こさせるような歌い方をするために、自分達もしっかり『映像を思って』歌うようご指導がありました。以前、

続きを見る

【マタイ受難曲】曲の雰囲気は顔から入ろう

2019/01/23 | コーラス

残り3回となったマタイ受難曲のPMS練習は1番から終曲まで全曲を練習しました。それぞれの曲の雰囲気をはっきりコントラストのある表情で歌う事を確認練習しました。細かな曲の雰囲気の違いをどうやって歌うのか

続きを見る

【マタイ受難曲】やってしまったぁ~会場間違い・・・

2019/01/16 | コーラス

演奏会まで通常練習はあと4回となったPMS。出かける前練習をもう少し、もう少しとやっていて遅くなり、このままでは遅刻になるとタクシーを使って、いつもと違う駅を利用しギリギリセーフ!と思っていたら・・・

続きを見る

【マタイ受難曲】新年最初の練習は冒頭から

2019/01/09 | コーラス

PMS合唱練習、2019年最初の練習は本番並びが暫定的とは言え発表され、その並びで歌いました。1番のリピエノソプラノ部分を歌うメンバー配置を決めなくてはいけなかったという事で今回は早めの並び発表ですね

続きを見る

190413rika23a
【箱根離宮】4回目の利用で今回は2度目の1号棟

今回の箱根行きでも箱根離宮に泊まりました。と言うよりここに泊まるのが目

190413haka17a
箱根神社の湖畔鳥居は外国人観光客の長い行列!

今年も箱根に行ってきました。午後の出発だった事もあり時間的な余裕もなか

190406kaga1
久々にドキドキするホール練習でした!

13年振りにキューピーおかあさんコーラス大会に出場するピノ。大きな会場

190321pmsa00a
【ハイドン四季】語尾の発音入れが難しいです・・・

PMSハイドン四季の3回目。先生の海外演奏会のお仕事で2週間のお休みが

190331yuua03a
曲の輝きを増すエッセンスがいっぱい!

ピノは先週先々週と2回の自主練習で先に歌うかもしれない新曲3曲を音取り

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑