*

ルーブル美術館の階段もわかりにくい

公開日: : 旅行 ,

151106luova03

ヴェルサイユを見学した後、バスと地下鉄9号線、1号線を乗り継いでルーブルに向かいました。

ヴェルサイユでバスに乗ったのが14時過ぎ、ルーブルに着いたのは15時20分頃。リシュリュー口からノンストレスで入場しました。

ピラミッドの地下広場はそれなりに混雑しています。まずは日本語パンフをもらうのにうろうろ・・・。ルーブル美術館は事前勉強をせず、同行者に基本を委ねていた事もあり、どこから観ようか悩みましたが、有名作品のなかからとりあえず4っつだけピックアップして見学開始。

リシュリュー翼からスタート

目的の『レースを編む女』がリシュリュー翼だったので、地下階からリシュリュー翼入り口のエスカレーターに乗りました。出た場所は『マルリーの中庭』。ここがこんな風になっていると思っていなかった事もあるのですが、階段状になった彫像の展示スペースで自分が今、何階にいるのか分かり難く、とりあえず入った場所が地図のどこなのか把握するまで時間がかかりました。

151106luova01

 

 

1階(日本式2階)の『ナポレオンの居間』にいる事がわかってもなまじ最短で動きたい気持ちと近くに上に上がる階段がない事でまたも迷走・・・。

151106luova02

中庭という存在が感覚を狂わせたこともあって広いルーブルの中を結構無駄に歩くはめになりました。

 

2階(日本式3階)の『レースを編む女』を見つけた後は感覚もわかり順調に観たい物をめざして移動できました。

でも、一つ残念だったのは同じ2階の『サモトラケのニケ』。観賞順路でなかった事もあり像の後ろ側から対面する事になって、あの階段を見上げたら立っている図は見ることができませんでした。一度下まで降りてもみましたが、人も多くインパクトが薄くなってしまったのが残念・・・。

151106luova04

モナリザに対面

その後はお決まりの『モナリザ』に対面すべく移動。とりあえず着ましたという記憶のための観賞といった程度(笑)。

151106luova05151106luova06

「ふぅーん」と思い切り簡単に観て、裏側の部屋にあるショップで買い物(ある意味これが目的!)をしました。欲しいと思っていたメガネ拭きが全く無く、昨年、大英博物館でも探しまくった事もあり断念して、大好きな鉛筆やらノート、花の絵のカードなどを買ってきました。

1511euroa01

人の多い事などもあって、ゆっくり観る気分にもなれず見取り図を良く見なかったのがいけないのですが、モナリザ近くには 有名絵画がいっぱいあったんですよね・・・失敗しました・・・。それでも、たまたま通りかかった時に「これ!有名じゃん!」と気が付いたラファエロの『聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ』の絵を観る事ができました。しかし、この絵の前に人だかりは無くさらっと通り過ぎるところでした。

151106luova07

帰りも迷走・・・

買い物のあとは、昼間ずっとヴェルサイユを歩いてきた事もあって、5時半、まずは帰ろうという事にしてタクシーを探しましたが乗り場も遠く、空車ともうまく出会えず、結局オルセーまで歩いてしまいました。

でも、この選択は失敗! 川側を歩いたのもいけなかった・・・。空車が来てもみんな建物側を走っていてつかまえられずオルセータクシー乗り場に着いてしまいました。時はオルセーの閉館時刻!!沢山の人!タクシーもいなくて、結局RERで帰ってくる事になりました。ルーブルを出てすぐの川を渡ったあたりで反対側にいたらつかまえられたと思います。

ヴェルサイユでもルーブルでも自分で予習してあったところは比較的に順調でしたが、やはり事前勉強の少なかった所で無駄な動きをしてしまいました。それでも、自由行動だから経験できた事も沢山あって面白かったです。

教訓! 宮殿の階段は超絶分かり難い!! です!

ヴェルサイユにRERで行き 帰りはバスと地下鉄でルーブルへ

ヴェルサイユ宮殿の迷走記1(宮殿編)

 

関連記事

151106vera12

ヴェルサイユ宮殿の迷走記2(庭園編)

迷ったとはいえ1時間で宮殿内を見学し、11時過ぎに広大な庭園にでました。今回のヴェルサイユ宮殿見学の

記事を読む

180604rua66

【ルーツをたどる旅】津・松阪・伊勢 行ってきました 2

 名前のルーツをたどった旅の2。津市の伊勢平氏発祥の地からスタートし、中出の地名を探した後

記事を読む

150803tip01

【第11回】英国イングリシュガーデンの旅 おとぎの国の村チッピングカムデン

コッツウオルズの観光名所に茅葺屋根の町並みチッピングカムデンとローマ時代から栄えていた羊毛の街ボート

記事を読む

151108paria01

フランス土産で買ってきたバターが美味しい

今回のパリ旅行、事前にお土産にバターを買ってくる予定という同行者の発言から、にわかにバターの評判調査

記事を読む

160408oda10

【小田原城】桜が満開でした!江戸時代各地の築城に影響したお城だったんですね

4月8日、箱根に行く前に小田原城に行ってみようという事になりました。きっと桜にも間に合うはずと向かい

記事を読む

151009pari01a

パリに行く前に調べた5つの便利サイト2015

来月パリに行くのですが、11月の初めってまだ紅葉してるのかなぁとか、紅葉好きな興味から今日はどんな感

記事を読む

180616oka1b

【おはらい町】と【おかげ横丁】伊勢神宮のお土産はこの参道で買えちゃいます<お土産編>

伊勢神宮と言ったらなんと言っても【赤福】ですが、他にもあれこれ見て歩きました。この【おはらい町】には

記事を読む

180606mata51

【松阪商人の館】江戸店持ちの豪商の館は時代劇のセットのようで面白かった!

松阪市の指定史跡にもなっている 旧小津清左衛門家にいってみました。1653年に江戸の大伝馬町に紙店を

記事を読む

150606uin06

【第3回】イングリッシュガーデンの旅   宿泊地ウインチェスター

 このツアーでは初日ロンドン。2日目ウインチェスター。3・4日目コッツウォルズ、ローズマナ

記事を読む

150530mottis03

【第2回】イングリッシュガーデンの旅 モティスフォント・アビー・ガーデン

シシングハースト・キャッスル・ガーデンで昼食を食べた後、西に車で2時間。モティスフォント・アビー・ガ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

180612azita64a
【フラワーアレンジメント】紫陽花をクラシカルな花器にアレンジ(ガーベラの使い方)

今月のレッスンは紫陽花のアレンジ。辻堂でのお教室の作品を参考にご紹介し

180507pmsa34a
【マタイ受難曲】不自然さをしっかり歌う!

今週のピノは新曲19番と20番を練習。お話の緊張感のある心情をコラール

180613azifa09
【フラワーアレンジメント】紫陽花をクラシカルな花器で洋風アレンジに!

今月のレッスンは紫陽花を洋風なアレンジにデザインしてみました。紫陽花も

180618zisa1
南海トラフ地震の前に内陸地震に警戒と5月に警告出てた!

南海トラフ地震が心配されている状況で、先週だったかは千葉県沖のプレート

180617isea52
【夫婦岩】二見浦の二見興玉神社にも行ってきました!

伊勢志摩観光の観光スポットでもある、二見浦の夫婦岩に行ってきました。伊

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑