*

【第13回】英国イングリッシュガーデンの旅 デイビッド・オースチン・ローズガーデン

150817dav03

今回のガーデンツアー最後のガーデンは イングリッシュローズの名前を世の中に広めた園芸家デイビッド・オースチン氏のナーセリー。お庭はバラの香りに包まれていました。

旅行期間 2014/6/22~6/28  旅行会社ワールドブリッジ 催行人数25人

大きなイングリッシュローズの専門店

コッツウォルズ ローズマナーホテルを朝出発し北西に約2時間弱走った街道からも少し入る不便そうな場所で園芸センターといった雰囲気。販売をするところなので入場料はいりません。

150817dav01

綺麗なゲストハウスといった雰囲気の場所を通り抜け まずはこじんまりしたレストハウスから日本の支店でも働いているという女性に園内を日本での一番人気の種類やバラの栽培方法なども交え説明してもらいました。

150817dav11

そのあとは自由行動になりました。今回の旅の中で一番準備の薄いバラの園芸店だった事もあり この花が好きとか香りがいいなど 軽い感覚で回りました。バラの栽培が好きな方なら品種名など興味深く見て歩いたのではと思います。

 

園内はテーマ別

基本は品種改良したイングリッシュローズ。香りの高い品種や大輪の芍薬の様な花がいっぱい。

150817dav07 

この↓オレンジのバラが日本店で一番人気だったはず(汗)

 150817dav02 150817dav17  

でもここで目を引いたのはやはりつるばら。

150817dav09 150817dav08

このガーデンのつるバラは本当に見応え十分。きれいなアーチのトンネル、ボールやバーゴラ、壁面に植えられて広い庭があったらこんなバラを植えてみたい!と憧れて観てあるきました。

150817dav15

150817dav10

150817dav16 150817dav05

 

レンガの壁につるバラってほんと素敵です。いくつか気に入った品種のひとつ↓ ピルグリム。この花は中輪の房咲きで写真では色がわかりにくいのですが 薄いレモンイエローの花で香りもあります。なんとも優しい花色です。

150817dav06

私はフラワーアレンジを教えているのですが、そのせいか固体の主張が強すぎる花より、こういった優しいほかの花と合わせやすい色味が好きです。もちろん、一輪でインパクトのある花も「綺麗~!」と思うのですが・・・。

なんといってもここで美しかったのは つるバラのトンネル。

150817dav14

香りもいっぱいなバラの園です

園内で写真撮影をしていたのですが どうもオーナーのデイビッド・オースチン氏と著名な園芸家だったようです。

150817dav04

そのあと先ほどのレストハウスでランチ。キッシュとサラダ デザートにもお花が飾られておしゃれなランチでした。

150817dav12

150817dav13

 食事の後は入り口にあったショップで買い物をしました。食事で使われていた食器や紙ナプキン、他にもバラの小物もあってお土産にいくつか買ってきました。外のショップではバラの苗やその他の草物の苗も売っていました。

今回のツアーではここまでが所定のコースでした。この後、一路ロンドンに向って高速を走り夕方にはロンドンに到着しました。

翌日は1日自由行動で、ハンプトン・コート・パレスやウィズリー・ガーデンをめぐる オプショナルツアーに行かれた方もいらっしゃいますが、私達はロンドンで大英博物館などを観てあるきました。

このオプショナルツアーに行かれた方のブログを見ると、今まで観てきたガーデンよりさらに大きなガーデンだった様子、簡単に行けるものではないので今になると行っておけば良かったかなと思います。

ガーデンツアー

今回周ったガーデンはどこも簡単に行けるとは思えない場所ばかり、駅などからも離れていて奥まった場所にありました。私も初めは生徒さんだけでグループを作って行こうと計画を立てたのですが、途中でツアーに混ざる事にしました。でもそれが正解だったと思っています。英語が堪能だったとしてもかなり場所が不便なところなので大変だったと思います。

憧れのイングリッシュガーデンを本当に堪能できた旅行でした。ローズマナー・ホテルでの部屋割りについては少し問題があると思いますが、そこはツアー会社とホテル間でもう少し改善してもらえたら問題にはならないとおもいました。

150619barns10

個人庭園や バーンズリー・ハウスでの食事など 個人ではなかなか難しい見学もできて思い出に残る旅行になりました。 おわり

 イングリッシュガーデンの旅 

【第1回】イングリッシュガーデンの旅 シシングハースト城庭園

【第2回】モティスフォント・アビー・ガーデン

【第3回】宿泊地ウインチェスター

【第4回】美しい村バイブリー

【第5回】手入れの行き届いた バーンズリーハウス

【第6回】個人庭園見学

【第7回】ローズマナーホテル

【第8回】ヒドコット・マナー

【第9回】キフツゲート・コート 1

【第10回】キフツゲート・コート 2

【第11回】おとぎの国チッピングカムデン

【第12回】宿泊地 北コッツウォルズ

【第13回】デイビッドオースチン・ローズガーデン

 



関連記事

150803tip01

【第11回】英国イングリシュガーデンの旅 おとぎの国の村チッピングカムデン

コッツウオルズの観光名所に茅葺屋根の町並みチッピングカムデンとローマ時代から栄えていた羊毛の街ボート

記事を読む

150521origamia04a

折り紙の箱を作ってフラワーアレンジしてみました(作り方)

チョコです! 今日は今月のレッスン教材、手作りの紙の箱を花器に使ってのフラワーアレンジを自宅の

記事を読む

150624natuare01

夏の葉物アレンジ 持ちの良い材料でさわやかに

気温が上がってくるとどうしても生花でのアレンジを敬遠がち。でも素材選びで夏中飾っておけるアレンジがで

記事を読む

160620lakea44vc

【軽井沢レイクガーデン】に行ってきました!② 新緑とバラを楽しんできました

軽井沢レイクガーデンのバラのシーズンを楽しんできました。おすすめルートとは反対回りで、①で右側のフレ

記事を読む

170829kata01

【家庭菜園】今の旬はナスとミニトマト!大量消費の食べ方を研究しなくちゃ!

八月に入って、天候が悪かった事もあって、生育が良くなかったものもありましたが、ナスとミニトマトが

記事を読む

150816upp01a

【第12回】英国イングリッシュガーデンの旅 宿泊地 北コッツウォルズ

今回のツアーでは北コッツウォルズのアッパースローター村にあるローズ・マナー・ホテル(第7回でご紹介)

記事を読む

170403niwa04c

葉が出る前に大木の剪定をしました

 我が家の南側は空き地で林のようになっています。引っ越してきた時には小さなヒョロヒョロした

記事を読む

160719haka07c

【ネコソギ】AL1.0 お墓のどくだみ除草に効果がありました 

我が家の墓地は旧式のまま。なので土の面が出ています。そんな事もあって除草剤を使うか毎月のように除草し

記事を読む

151106vera24

ヴェルサイユ宮殿の迷走記3(プチトリアノン編)

ヴェルサイユ宮殿を自力で観光した迷走記3回目。宮殿前の庭園に出て散策しながら約1時間。プチトリアノン

記事を読む

160701flowa01cc

映画【フラワーショウ!】観てきました!憧れと希望を現実へと変えるのは努力なんですね!

英国チェルシー・フラワーショーに雑草の庭で挑戦した実在のガーデンデザイナー(メアリー・レイノルズ)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

171028pia01
ボイトレと打ち合わせと自主練習をしました

今週のピノは自主練習の週。T先生のボイトレからスタートしました。息の流

171115kiza01
【キズ治療】最近のケガの処置は良く洗うこと!

昨日やってしまった切り傷の話です。講習会準備で、厚紙を所定の大きさにカ

171114koua01
【講習会準備】細かい見えない準備が結構沢山あります!

講習会は来月ですが、時間の有るうちにやっておいた方がいい作業を始めまし

171112gira90
【GIRINO】片瀬江ノ島の邸宅レストラン、ジリーノに行ってきました!

このお店には正確には2回目、以前、普通にモダンな隠れ家カフェレストラン

171109xma13a
【プリザーブドフラワー】クリスマスに向けてのキャンドルアレンジ作ってみました!

  今月11月のレッスンを久しぶりにプリザーブドフ

→もっと見る

  • お花と合唱が大好きで、今は自宅等でフラワーアレンジを教えている、dewのブログです!
    詳しいプロフィールはコチラ!

  • よかったらフォローしてね!


PAGE TOP ↑